フレッツ光が遅いのはプロバイダが原因?激遅プロバイダ「Toppa!(トッパ)」を解約しました

フレッツ光を契約しているのに、ネットが激遅でイラついていませんか?

もし、あなたが契約しているプロバイダが「Toppa!(トッパ)」なのであれば、今すぐ切り替えた方がよいです。

トッパに限らず、速度の遅いプロバイダは他にもあるので、通信速度が遅くて悩んでいる方はプロバイダ変更を検討してください。

プロバイダ「Toppa!(トッパ)」は遅い

私は以前フレッツ光を契約していたのですが、ネット速度が非常に遅く、かなりストレスがたまっていました。

Wi-Fiルーターを新しくしてみたり、有線LANでつないでみたりと、色々試してみたのですが、全く改善されません。

これはもう、プロバイダだなと。契約を確認したところ、Toppa!(トッパ)でした。これは不覚でした。

以下、インターネット速度を計測した際のデータです。

950Kbps(キロ)です。1Mbps(メガ)も出ていません。

フレッツ光の公式サイトでは、一番安いプランの「フレッツ光ライト」でも通信速度が最大100Mbpsと公表されているので、1Mbpsはその100分の1です。フレッツ光等の公式サイトに記載されている速度はベストエフォートによるものなので、実際に100Mbpsがでるという事は滅多にないのですが、それでも普通20Mbpsくらいは出ます。

ベストエフォートとは?
インターネットの通信速度は、あくまでも回線事業者が提示する最大限のスピードです。最良の条件がそろわないと、その通信速度が出ないということです。その提示した最大通信速度となるように最大限の努力をするという意味で使われる言葉が「ベストエフォート」です。

引用元:NTTコミュニケーションズ 公式サイト

ちなみに、1Mbpsを切ると格安SIMよりも遅いです。格安SIMのmineoでも、1~5Mbpsは出ます。

格安SIMであれば値段が安いので妥協できますが、光回線が格安SIM以下というのはやばいです。年間3~4万円くらい搾取され続けているようなものです。

インターネットが遅い要因はいくつか考えられるのですが、

・光回線を契約しているのに遅い。
・Wi-Fiルーターの近くで接続しても遅い。
・Wi-Fiルーターを買い替えても遅い。

という場合は、プロバイダが原因である事がほとんどです。

もし、あなたが契約しているプロバイダが「Toppa!(トッパ)」なのであれば、今すぐ他のプロバイダに切り替えた方がよいです。

プロバイダとは?

インターネットを利用するには、回線事業者と接続事業者(プロバイダ)の2社との契約が必要です。

回線事業者とは、NTT東西のような回線を提供している会社です。

接続事業者(プロバイダ)とは、回線を自宅のインターネットに接続するサービスを提供する会社です。

たまに勘違いされている方がいるのですが、プロバイダとの契約は任意でなく必須です。不動産会社や携帯ショップでよく聞く「このオプションは必ず入ってもらっています」というような営業トークの類ではなく、物理的に必須の契約です。

プロバイダによってネット速度は異なる

プロバイダ料金の請求は、NTTなどの回線事業者からの請求にまとめられているケースが多いので、自分がどこのプロバイダと契約しているのか把握しずらいです。

自宅のネットのプロバイダはどこかと聞かれて、即答できる方は少ないと思います。

しかし、プロバイダの選定は非常に重要です。

プロバイダによってネット速度が異なるので、ネットが遅いと悩んでいる方はプロバイダを確認して、切り替えも検討してください。